このページでは、投資法人、資産運用会社、その他関係法人の概要をご覧いただけます。

野村不動産マスターファンド投資法人

J-REIT銘柄情報

3462 野村不動産マスターファンド投資法人

野村不動産をスポンサーとする総合型J-REIT。2015年に野村不動産オフィスファンド投資法人、野村不動産レジデンシャル投資法人、(旧)野村不動産マスターファンド投資法人が新設合併を行うことで誕生した。2016年にトップリート投資法人を吸収合併し、その後物件入替えを行いながら資産規模を拡大し、2022年5月時点で1兆918億円とJ-REIT全体で3番目に大きい。用途内訳は、オフィスが44%、住宅が19%、商業施設が15%、物流施設が20%と分散されている。JCRから「AA」、R&Iから「AA-」の高格付を取得している。旗艦物件は「日本電気本社ビル」。<2022年6月時点>

投資法人の概要2022/08/19現在
名称 野村不動産マスターファンド投資法人
上場日 2015/10/02 経過年 6.89年
コード(市場) 3462 (東証) 決算月 2月 / 8月
発行済投資口数 4,715,200口 出資総額 625,241百万円
1口出資額 132,601円  
格付
(長期債務)
S&P - Moody's -
R&I AA- JCR AA
資産運用会社の概要2022/08/19現在
資産運用会社 野村不動産投資顧問株式会社
資本金 300百万円
上位株主 野村不動産ホールディングス株式会社 (100%)
その他株主 -
その他関係法人2022/08/19現在
資産保管会社 三井住友信託銀行
監査法人 新日本有限責任監査法人
投資主名簿等管理人 三菱UFJ信託銀行
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。