アクティビア・プロパティーズ投資法人

J-REIT銘柄情報

3279 アクティビア・プロパティーズ投資法人

アクティビア・プロパティーズ投資法人が第18期決算を発表、1口当たり実績分配金(利益超過分配金含む)は9,547円

(2021/01/15)

アクティビア・プロパティーズ投資法人が、第18期(2020年11月期)決算を発表した。 第18期における物件取得はなし。前期の物件売却益の反動減、また固定税が増加する一方、前期に取得した恵比寿プライムスクエアの通期稼働、オフィスビルの賃料増額、ホテルの歩合賃料により、前期比0.4%増益。1口当たり分配金(利益超過分配金含む)は9,547円となった。なお、コロナ禍の影響で、商業テナントで157件の賃料減額要請を受け、そのうち79件に合意する一方、代替条件として、減額期間終了後の増額、売上歩合、解約禁止期間の延長等を設定。 期末のポートフォリオは44物件、資産規模(取得額合計)は5,091億円、有利子負債比率は46.5%。 第19期(2021年5月期)は、コロナ禍の影響からオフィスの解約が先行し、フリーレントを反映した実質的な賃料発生稼働率は92.6%に低下。商業テナントの賃料減額が減少するが、オフィスの収益減、ホテルの歩合賃料がなくなること等により、前期比2.8%減益を見込み、1口当たり分配金は9,280円となる見通し。 第30期(2021年11月期)は、オフィスの実質的な賃料発生稼働率が97.4%に回復する見込み。固都税が増加する一方、オフィスの収益改善、商業施設の減額の縮小により、前期予想比0.2%増益を見込み、1口当たり分配金は9,300円となる見通し。 オフィスビルの賃料ギャップは縮小傾向であるが、立地やクオリティの強みを活かし、賃料水準にこだわったリーシングに注力し引き続き賃料増額を目指す。

           
  第18期実績 第19期予想 前期比 第20期予想 前期比
営業収益 15,073百万円 14,927百万円 ▲1.0% 15,262百万円 2.2%
当期利益 7,363百万円 7,157百万円 ▲2.8% 7,172百万円 0.2%
1口当たり分配金
(利益超過分配金含まない)
9,514円 9,280円 ▲2.5% 9,300円 0.2%
1口当たり利益超過分配金 33円 0円 ▲100.0% 0円 -
1口当たり分配金
(利益超過分配金含む)
9,547円 9,280円 ▲2.8% 9,300円 0.2%

アクティビア・プロパティーズ投資法人の記事を最新5件
2020/11/24
アクティビア・プロパティーズ投資法人が第18期業績予想を上方修正
2020/07/15
アクティビア・プロパティーズ投資法人が第17期決算を発表、1口当たり実績分配金(利益超過分配金含む)は9,508円
2020/05/26
アクティビア・プロパティーズ投資法人が第17期業績予想を下方修正
2020/01/17
アクティビア・プロパティーズ投資法人が第16期決算を発表、1口当たり実績分配金は10,137円
2019/11/29
アクティビア・プロパティーズ投資法人が物件入替えを発表、業績予想を修正
決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 東京汐留ビルディング 1,100億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 北の丸スクエア 816億円
株価値上り率ランキング
1 平和不動産リート +4.35%
2 いちごホテル +3.62%
3 インベスコ +2.19%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。