マーケットコラム

2014年J-REIT市場の注目動向と2013年の価格動向総括/アイビー総研 関 大介

2014-01-16

関 大介

 J-REITの価格は、米国QE3(量的金融緩和政策)の縮小に伴い12月下旬まで弱含む展開が続きました。その後、受け渡しが2014年になる12月26日から反転し30日には前日比50ポイント以上の上昇を示し、東証REIT指数は...

この記事は会員限定です。ログインするとご覧いただけます。

マーケットコラム バックナンバー
2022/09/26
旅行需要回復とホテル系銘柄投資における注意点/アイビー総研 関 大介 【関 大介】  
2022/09/09
J-REIT価格安定の要因と今後の注意点/アイビー総研 関 大介 【関 大介】  
2022/08/26
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人のTOB成立による今後の課題/アイビー総研 関 大介 【関 大介】
2022/07/15
2022年上半期の投資家売買動向/アイビー総研 関 大介 【関 大介】
2022/06/23
カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の合併提案について/アイビー総研 関 大介 【関 大介】
決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 新宿三井ビルディング 1,700億円
2 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
3 飯田橋グラン・ブルーム 1,135億円
4 汐留ビルディング 1,069億円
5 東京汐留ビルディング 825億円
株価値上り率ランキング
1 トーセイ +0.65%
2 マリモ +0.45%
3 三井不ロジ +0.20%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。